ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年07月12日

W杯に黒い影

ガンバ2−2ジュビロ
勝てる試合だったが、残念。でも二つ目のPKはないやろ。たのむぜ審判。

ところで、下記のような記事発見。政治的問題って何だ。

サッカーW杯担当のベルリン市幹部、銃で自殺を図る

11日付のドイツ紙ベルリナー・ツァイトゥングによると、サッカーW杯担当のベルリン市幹部、ユルゲン・キースリンク氏(65)が、W杯終了直後の10日未明に市内の自宅で自殺を図った。 同氏は2004年から市のW杯最高責任者。銃で頭を撃ち、病院に運ばれたが重体。家族あてに遺書を残していた。
同紙は「政治的問題」が理由との関係者の話を伝えた。W杯との関係は不明。
(共同)
posted by サル at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

宴のあと

結局、イタリアですか。セリエAはどうなることやらって感じやけど、とりあえずおめでとう。
ジダンは何言われてキレたんかな。テロリスト呼ばわりされたっていう話もあるけど。「レッドで退場した選手にMVPをあげるなんて、FIFAのフェアプレイフラッグには何の意味があるんだ?」とはセルジオ越後。なんか平和におさめた感じがしてすっきりせんな。どんな挑発があったにせよ暴力行為は暴力行為なわけで。MVPは、カンナバロかピルロにあげるべきだと思う。
あっという間の一ヶ月だった。これ以上続くと見るほうも体力的につらいけど、やっぱりちょっと寂しいな。次は新生日本代表でも楽しみに待ってよかな。
posted by サル at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

ベスト4

ドイツ、イタリア、ポルトガル、フランス。
結局、ヨーロッパばかりが残ったけど、だいたい想像通り。
ブラジルを倒すのがスペインではなくてフランスだったことと、イングランドが敗退してしまったことがちょっと予想外。ルーニーのレッドは痛すぎた。でも、そもそもルーニーの1トップは疑問だった。エリクソンはベッカムのFKでなんとか勝ったエクアドル戦のあと、最高の布陣だとかなんとか言っていたので、まさかとは思ったけど、ポルトガル戦でもまたルーニーの1トップ。ルーニーは倉内さんがいてこそ活きると思ったんだけど。たしかに一人でもチャンスを作る力はあるけど、倉内さんがいたらもっと楽に仕事ができていたんじゃないかなあ。
決勝は勢いのあるドイツと調子を上げてきたフランスか? でも実力的にはドイツよりイタリアだろうし、ポルトガルにはデコが戻ってくる。順当な結果が好きじゃない僕は、ポルトガルを応援することにします。
posted by サル at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

今後の動き

今日は日経平均が大幅続伸しました。
でもそんなことよりワールドカップ。
ドイツ対アルゼンチン。
アルゼンチンに勝てば、その勢いでドイツ優勝ってのもあり得るな。なんか試合毎に強くなってきてる気がするもんなー、ドイツ。準々決勝でどちらかが消えるのはもったいないような気もするけど、お互いの持ち味を出した、いい試合を見せて欲しいもんです。あ、タイトルと全然関係ない内容。ま、いいか。
posted by サル at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

オシム!!!

オシム就任確実!!! 朝日新聞に載ってました!! 僕はずっと彼を望んでいました。今の日本に必要なのは彼なんです。いや−嬉しい。でもオシムさん、とりあえず自分自身の健康管理には気をつけてね。



日本代表の新監督、オシム氏就任の方向

 日本サッカー協会の川淵三郎会長が24日、日本代表の次期監督候補としてJ1・ジェフ千葉のイビチャ・オシム監督(65)の名を挙げた。すでに交渉も進んでおり、ジーコ監督の後任として監督就任は確実と見られる。
posted by サル at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国敗退

韓国の敗退によって、アジア勢がすべて姿を消してしまった。
オフサイドフラッグが上がって韓国選手が足を止めてしまった中、主審がオフサイドを取らずに失点するという不運で0-2となった。守りの堅いスイス相手に、2点差は大きかった。結局、トーゴに2−0で勝ったフランスとスイスが決勝進出。韓国は、二大会連続の予選突破はできなかった。
ただ、韓国には、将来性という意味で期待が持てる。CBのキム・ジンギュ(ジュビロ)や、FWのパク・チュヨン、MFのペク・チフンは、まだ21歳。受賞の可能性は低いものの、ベストヤングプレーヤー賞の有資格者だ。
日本には、有資格者が一人もいない。2010年に中心となれる可能性のある選手が、ベンチにすら入っていなかったという状況だ。アジア勢の敗退によってアジアの出場枠が減らされる可能性もあり、しかもオーストラリアとも戦わなければならない予選を、日本がどうやって勝ち抜くのか。2010年は、グループリーグからすでに、日本以外の国を応援することになっていそうな気がする。
posted by サル at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

一週間

気づけば一週間も更新してなかった。毎日サッカー漬けで、ブログどころじゃないって感じですわ。
これまでのところ順当に来ている今回のW杯。アルゼンチン、スペインあたりが優勝しそうな気がしてますが、あえてイングランドにBETいたしました。倉内さん、がんばれ。大穴はガーナ。
posted by サル at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

凹(日本vsオーストラリア)

ここ数年で、最も悲惨な負け方だった。
川口は、確かにミスで1点取られたが、3点は確実に止めていた。結果として0−3で負けていてもおかしくない。それならそれで、実力が足りなかったと納得できる。だが、この負け方はひどい。明らかに、ジーコの采配に問題がある。ヒディンクマジックなどと言われているが、彼のやったことはマジックでもなんでもない。当たり前の采配だった。その当たり前の采配に、当たり前の采配で応じることができなかった。

1-0 で前半を終え、ハーフタイムのコメントが入って来たときに、嫌な予感がした。「リードしているチームの試合をしよう」。1点を守り切ろうというのか? じゃあ、ドイツ戦はなんだったんだ? 2点取っても、さらに点を取るサッカーを目指すんじゃなかったのか? そういう攻撃的スタイルを前提としてるからこそ、2点取り返されても納得できたのに。小野を投入し、中田を前に上げた時点で、すべてが終わった。選手交代は、メッセージだ。小野の投入によって、メッセージを受け取った選手が果たしてどれだけいたか。そもそも、そこにメッセージがあったのか。完全にマークがずれた。練習でやっていないことが本番でできるわけがない。試合終了後のコメント。「ロングボールを放り込まれたら、どうすることもできなかった」。そんなことは初めから分かっていた。だからこそ、早いプレスで起点を潰すことが必要だったんじゃないのか? 守備を固めるのであれば、なぜ稲本のような、ボール奪取力のあるMFを入れなかったのか? なぜもっと早くFWを変えて、前線からの守備をさせ、カウンターを狙わなかったのか? 「中村と中田ヒデと小野でトライアングルを作ることを期待したがうまくいかなかった」。すべては、現実から乖離した、ジーコの夢想によってぶちこわされてしまった。

なんとも納得がいかないのでまとまりの無い文章を書いてしまった。もちろんジーコがすべて悪いと言っているわけではない。選手の力が足りなかったことも確かだ。だが、自分たちの弱点を補い、長所を生かすサッカーをするための戦略が、最後の最後で、小野の投入により宙に浮いてしまったのが残念でならない。
posted by サル at 21:57| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

22時キックオフ

ブログどころじゃございません。
posted by サル at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

あと4時間

ついに祭や。
posted by サル at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

ワールドカップスケジュール

ついにあと三日となりました。
ってことでW杯グループステージのテレビ放映スケジュールです。 時間はNHK(BS、BS−hi)の放映時間です。全部、生放送。

6/9(金) グループA ドイツ-コスタリカ 24:45〜
6/9(金) グループA ポーランド-エクアドル 27:45〜

6/10(土) グループB イングランド-パラグアイ 21:45〜
6/10(土) グループB トリニダード・トバゴ-スウェーデン 24:45〜
6/10(土) グループC アルゼンチン-コートジボワール 27:45〜

6/11(日) グループC セルビア・モンテネグロ-オランダ 21:45〜
6/11(日) グループD メキシコ-イラン 24:45〜
6/11(日) グループD アンゴラ-ポルトガル 27:45〜

6/12(月) グループF 日本-オーストラリア 21:50〜
6/12(月) グループE アメリカ-チェコ 24:45〜
6/12(月) グループE イタリア-ガーナ 27:45〜

6/13(火) グループG 韓国-トーゴ 21:50〜
6/13(火) グループG フランス-スイス 24:45〜
6/13(火) グループF ブラジル-クロアチア 27:45〜

6/14(水) グループH スペイン-ウクライナ 21:50〜
6/14(水) グループH チュニジア-サウジアラビア 24:45〜
6/14(水) グループA ドイツ-ポーランド 27:45〜

6/15(木) グループA エクアドル-コスタリカ 21:50〜
6/15(木) グループB イングランド-トリニダード・トバコ 24:30〜
6/15(木) グループB スウェーデン-パラグアイ 27:45〜

6/16(金) グループC アルゼンチン-セルビア・モンテネグロ 21:45〜
6/16(金) グループC オランダ-コートジボワール 24:45〜
6/16(金) グループD メキシコ-アンゴラ 27:45〜

6/17(土) グループD ポルトガル-イラン 21:45〜
6/17(土) グループE チェコ-ガーナ 24:45〜
6/17(土) グループE イタリア-アメリカ 27:45〜

6/18(日) グループF 日本-クロアチア 21:45〜
6/18(日) グループF ブラジル-オーストラリア 24:45
6/18(日) グループG フランス-韓国 27:45〜

6/19(月) グループG トーゴ-スイス 21:45〜
6/19(月) グループH サウジアラビア-ウクライナ 24:45〜
6/19(月) グループH スペイン-チュニジア 27:45〜

6/20(火) グループA コスタリカ-ポーランド 22:45〜
6/20(火) グループA エクアドル-ドイツ 22:45〜
6/20(火) グループB パラグアイ-トリニダード・トバコ 27:45〜
6/20(火) グループB スウェーデン-イングランド 27:45〜

6/21(水) グループD ポルトガル-メキシコ 22:45〜
6/21(水) グループD イラン-アンゴラ 22:45〜
6/21(水) グループC コートジボワール-セルビア・モンテネグロ 27:45〜
6/21(水) グループC オランダ-アルゼンチン 27:45〜

6/22(木) グループE ガーナ-アメリカ 22:45〜
6/22(木) グループE チェコ-イタリア 22:45〜
6/22(木) グループF 日本-ブラジル 27:30〜
6/22(木) グループF クロアチア-オーストラリア 27:45〜

6/23(金) グループH ウクライナ-チュニジア 22:45〜
6/23(金) グループH サウジアラビア-スペイン 22:45〜
6/23(金) グループG スイス-韓国 27:45〜
6/23(金) グループG トーゴ-フランス 27:45〜
posted by サル at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

1-0

マルタ戦。
相手が強くないとやる気がでないらしい。
ボール回しに終始しただけだった。
一点目が早く入りすぎたってのもある。
玉田と大黒の組み合わせも、やっぱりどうかと思う。
4バックにしたり、1トップにしたり、最後は何がしたかったのかも不明。
オーストラリア戦に不安がつのるばかり。
このさい負けてしまった方がよかったのではないかとさえ思えます。
posted by サル at 20:15| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

5-0

5−0くらいにしないと、気持ちよくオーストラリア戦を迎えられないな。
でも大黒と玉田の2トップは機能するんかな。
posted by サル at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

ドイツ

珍しくジーコは、負けてもいいなんてことを言ってます。
怪我されたらたまらんもんな。
でもせっかくなのでリベンジしましょう。
とりあえず、2点取ろう。
1-0で負けるくらいなら、
3-2で負ける方が希望が持てるな。
posted by サル at 20:06| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

巻誠一郎

巻誠一郎、なかなか頼もしいな。
巻が中田に反論「僕は中で仕事したい」
posted by サル at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

続・23人決定!

個人的には、松井の当落だけが気がかりだったのだが、松井は選に漏れた。4バックを前提とすれば、中盤の厚い日本代表に松井が入れないのも仕方がない。魅せることと勝つことを両立させるプレーができるという意味で、松井こそW杯にふさわしい選手だと思っていただけに、とても残念だ。4年後には間違いなく代表の中心選手になっていると思う。それまでの間に、ルマンから飛び立って、例えば朴智星のように、チャンピオンズリーグで主力として戦うような選手になって欲しい。

今回の選考で、唯一興奮させてくれたのは、巻が選ばれたこと。コンディションが不安視された久保が落選した。

日本のFWの中で唯一何かやってくれそうな匂いを感じさせ、ジーコからの信頼も厚い久保は、怪我さえなければ間違いなく選ばれていたはずだった。だが、本番の一ヶ月前になっても本来のキレは戻らなかった。ワンテンポ動きが遅れてシュートチャンスを逃し、ポストプレーもできない状態では仕方がない。

一方、巻は、とにかく動き回って最後までボールを追い、サッカーの本質がクリエイティブな無駄走りであるということを体で表現しているようなプレーヤーだ。テクニックでは劣るかもしれない。だが、中田ヒデや福西に代表されるようなクールな選手が目立つ代表において、巻のがむしゃらさは異質であり、だからこそ彼の動きがチームの全体の動きを活性化できる気がする。

気がかりなのは柳沢だ。ジーコの言うように、腰に爆弾を抱えた久保とは違い、回復は早いかもしれないが、本番でどの程度のキレを取り戻せるのか。

はっきり言って、一次リーグ突破は難しいと思う。でも、少なくとも「よくやった」と言えるようなサッカーをして楽しませて欲しい。これが日本のサッカーだという試合を見せて欲しい。
posted by サル at 23:11| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23人決定!

▽GK 土肥洋一、川口能活、楢崎正剛
▽DF 田中誠、宮本恒靖、三都主アレサンドロ、中沢佑二、中田浩二、坪井慶介、加地亮、駒野友一
▽MF 福西崇史、中田英寿、中村俊輔、小笠原満男、稲本潤一、小野伸二、遠藤保仁
▽FW 柳沢敦、高原直泰、玉田圭司、大黒将志、巻誠一郎

posted by サル at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

いまのうちに

いまのうちに、そしていまさらながら言っておくけれど、ジーコは監督として適任ではなかった。
W杯の結果がどうなるにしても、それが僕のスタンスであります。今から後任の監督に期待しています。

ジーコさん、住友金属時代からずっと日本サッカーのレベルアップに尽力してくれて、ほんとうにありがとう。Jリーグで活躍した選手時代のあなたは輝いていました。そして、この4年間は、日本サッカー界からあなたへのプレゼントです。日本サッカー界は、大胆にもすべてをあなたに捧げちゃいました。そして僕たちが学んだことは、監督がいなくても選手個々のレベルアップでなんとかやっていけるということです。そこに戦術が加われば言うことなかったのですが、今さらどうしようもありません。あとは好きなようにやってください。戦術なんてなくたって、強運でなんとかしてしまうのがあなたかも知れません。
posted by サル at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

日本vsスコットランド

日本0−0スコットランド

テンション上がったのは加地の左足ミドルがポストに当たったときくらい。小野も、いくらゴール前でボールをこねくり回してシュートの体勢に持っていっても、そのシュートが真正面ではどうしようもない。玉田もブルガリア戦のようなドリブルで積極的に切り込む姿が見られなかった。このチームに中村や中田が入ったとしてもなんとかなるとは思えない。W杯では、日本以外の国の活躍を見て楽しむしかないんだろうか・・・。

15日のメンバー発表、たぶんなんのサプライズもないんだろうけど、とりあえず松井だけは入れて欲しい。家長とか入ったらかなり熱いんだけどなー。あり得ないな。あとハーフナーマイクとか。でもイングランドなんて、まだプレミアデビューもしてない17歳のウォルコット(アーセナル)選んでる・・・。
posted by サル at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

む、村井・・・。

なんつーか、若さいっぱいな感じでよかったよ、今日の日本代表。
ペトロフが出るとは知らなかったので、ちょっと熱かった。
巻は相変わらず全力プレーで好感が持てる。
あんないきいきしてる玉ちゃんも久々に見た。
村井も積極的で良かったのに。悲しすぎる。
「これまで頑張って来たのに、ここで怪我かよ」という村井の声が聞こえてきそうで、
いつもはかなり客観的にサッカーを見るのに、今日は、村井に感情移入してしまった。
あと、どーでもいいけど、何故か村井を見てると、笑い飯の髪の短い方を思い出した・・・。
それはそれで悲しい。
あと、佐藤にもうちょっとチャンスをあげて欲しかったな。
スペースに走り込む佐藤に小野がスルーパス、って形はかなり強力だと思うんやけど。

あの程度のブルガリアに勝てないようでは、W杯は、奇跡を待つしかなさそうだけど、
全員が巻のようなプレーをしてくれれば、相当楽しめると思う。
posted by サル at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。