ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年03月08日

ETF

ETFというのはExchange Traded Fundの略称で、取引所で取引される投資信託のことです。上場投信とも言います。TOPIXや日経平均など、特定の株価指数に連動することを目的に運用され、通常の株式と同じように市場でいつでも売買が可能です。

インデックスファンドとの大きな違いは、インデックスファンドが、一日一回決定される基準価額(一口当りの純資産価額)で売買されるのに対して、ETFの価格は、取引所で売り手と買い手の需給によって決まる市場価格であることです。
また、信託報酬がインデックスファンドよりも安いため、長期で見ればインデックスファンドよりもさらにコストが安くなります。
デメリットとしては、通常の株式と同様の売買手数料がかかること。そして、売りたい値段では買い手がつかない(ディスカウントが必要となる)可能性があることなど。通常の投信であれば、必ず基準価格で換金できますからね。でもこれは逆に言えば、基準価格よりも高く売れる可能性でもあるということです。といっても、基準価格からの乖離はそれほど大きくはならないようです。

個人的に、TOPIX連動型に興味があったので、調べてみました。信託元本が大きく、信託報酬が安いものということで、

1306 TOPIX連動型上場投資信託(野村アセットマネジメント)0.1155% 売買単位100口

1308 上場インデックスファンドTOPIX(日興アセットマネジメント)0.0924% 売買単位1000口

をピックアップ(といっても他には1305ダイワ上場投信−トピックスしかないけど。TOPIX Core 30連動とかならあるけどね)。
1308の信託報酬、安いなー、と思ったら、1000口単位でしか買えないのね。ってことは少なくとも160万円分くらい買わなきゃいかんってことか。というわけで、買うなら1306かな。これなら16万くらいで買えます。

ちなみに、積み立てで通常のインデックスファンドを買って、一定額貯まったらETFに買い替える、ということをしていくと、長期でみたときにコストを抑えるのに効果的だそうです。
マネックス証券のコラム(ETFとインデックスファンド)


posted by サル at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

ドルコスト平均法

今回、投資信託に関して、高いときに五十万分全部買ってしまったら悲しいから何回かに分けて買おう、ということにしましたが、こういう投資方法を「ドルコスト平均法」と呼ぶそうです。毎月一定額ずつ継続して買うことで、高いときには買い付け数量(口数)が減り、安いときには増えるので、長期で平均して考えれば、購入コストが下げられるという効果があるそうです。でも、安い値段で大量に買えれば、それに越したことはないわけで。別にドルコスト平均法が万能だというわけではないような気がします。よーするに、僕のような素人がなーんも考えずに長期投資するのであれば、ドルコスト平均法を使えば、つまり毎月一定額の積み立てをやっていけば(時間的分散)、リスクの軽減が図れますよ、ということのようです。ちなみに、よく聞くナンピン(難平)って言葉も同じ事を指してるみたいですね。


posted by サル at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

にぃにぃご

「100万!」の記事で書きましたが、とりあえず投資信託を探そう、と思ってE*トレード証券のサイトを探検。でもちゃんと見てみると、E*トレード証券では、積み立てができるインデックス型のノーロードファンドって、朝日ー日経平均ファンド(愛称:にぃにぃGO)しかないのね。積み立ても最近できるようになったばっかりみたいだし、しょうがないかな。信託報酬は0.525%と、まあまあ低いレベルっぽい。とりあえずこれ買ってみようかな。

ここで用語解説。インデックス型とは、日経平均やTOPIXなどの株価指数に連動した運用成果を目指すファンドのことです。パッシブ型とも呼ばれます。これに対して、株価指数以上の成果を目指すのがアクティブ型。アクティブ型はファンドマネージャーの力量次第なため、ハイリスク・ハイリターン。信託報酬(運用に対する報酬など)もアクティブ型の方が高くなります。ノーロードってのは販売手数料がかからないってこと。2%とかと取られると、マイナスで始まるってことで、2%取り返すだけでも結構大変。しかも、長期で考えるとインデックス型を超える成績をあげるアクティブ型のファンドはごくわずからしい(その辺の話はまた書きます→ココに書きました)。また、インデックス型は、その性質から、ファンドの違いによる成績の差は、大してないらしい。

てなわけで、とりあえず「にぃにぃGO」を買ってみることに決めたっと。 でも勉強がてら、アクティブ型も買ってみようかな。またいろいろ探してみます。 ちなみに、投資信託について調べるには、社団法人投資信託協会のHPが便利でした。


posted by サル at 21:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。