ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年06月24日

韓国敗退

韓国の敗退によって、アジア勢がすべて姿を消してしまった。
オフサイドフラッグが上がって韓国選手が足を止めてしまった中、主審がオフサイドを取らずに失点するという不運で0-2となった。守りの堅いスイス相手に、2点差は大きかった。結局、トーゴに2−0で勝ったフランスとスイスが決勝進出。韓国は、二大会連続の予選突破はできなかった。
ただ、韓国には、将来性という意味で期待が持てる。CBのキム・ジンギュ(ジュビロ)や、FWのパク・チュヨン、MFのペク・チフンは、まだ21歳。受賞の可能性は低いものの、ベストヤングプレーヤー賞の有資格者だ。
日本には、有資格者が一人もいない。2010年に中心となれる可能性のある選手が、ベンチにすら入っていなかったという状況だ。アジア勢の敗退によってアジアの出場枠が減らされる可能性もあり、しかもオーストラリアとも戦わなければならない予選を、日本がどうやって勝ち抜くのか。2010年は、グループリーグからすでに、日本以外の国を応援することになっていそうな気がする。
posted by サル at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。