ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年02月25日

ドルコスト平均法

今回、投資信託に関して、高いときに五十万分全部買ってしまったら悲しいから何回かに分けて買おう、ということにしましたが、こういう投資方法を「ドルコスト平均法」と呼ぶそうです。毎月一定額ずつ継続して買うことで、高いときには買い付け数量(口数)が減り、安いときには増えるので、長期で平均して考えれば、購入コストが下げられるという効果があるそうです。でも、安い値段で大量に買えれば、それに越したことはないわけで。別にドルコスト平均法が万能だというわけではないような気がします。よーするに、僕のような素人がなーんも考えずに長期投資するのであれば、ドルコスト平均法を使えば、つまり毎月一定額の積み立てをやっていけば(時間的分散)、リスクの軽減が図れますよ、ということのようです。ちなみに、よく聞くナンピン(難平)って言葉も同じ事を指してるみたいですね。


【関連する記事】
posted by サル at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13762052

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。