ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年07月30日

コピーワンス反対

いわゆるコピーワンス(Copy Once)のお話。
我が家はケーブルテレビに加入していて、一年ほど前からデジタル化しました。デジタルハイビジョンは、それほど大きくないテレビで見ても十分に画像の鮮明さ楽しめるし、音もよくって満足なんですが、録画に関しては正直めちゃくちゃ不便です。

というのも、DVDに録画するにはDVDーRはダメで、DVD-RAMを使わなくちゃならないし、さらにもっと重要なことは、録画したDVD-RAMは、録画したDVDレコーダーでしか再生できないんです(たぶんデバイスIDを記録するような仕組みだと思う)。ダビングができないというだけならまだわかるけど、録画したものを友達に貸しても、友達のDVDプレーヤーでは見ることができないし、自分の家の別のDVDプレーヤーやパソコンでも再生できません。っていうか、今のDVDレコーダーが壊れたら、録り貯めたディスクはも見られないっちゅうことですか。むちゃくちゃです。ダビングを規制するにしても、ユーザーの利便性をもうちょっと考えて、違うやり方があるんじゃないの?と思います。


デジタル放送、録画制限を緩和へ(NIKKEI NET)

 政府は放送業界と家電メーカーに対し、現在は1回しかできないデジタル放送の録画制限の緩和を求める方針だ。見直しの具体的内容を年内に公表するように促す。2011年にテレビ放送をアナログからデジタルへ円滑に移行するために視聴者の利便性を向上させる狙いだが、放送業界からの反発もあり、実現までには曲折も予想される。
 録画制限が緩和されると、個人利用の範囲で番組をDVDなどに何度もコピーできるほか、繰り返しの編集も可能。政府はアナログ放送並みの利便性を確保することで、デジタルへの移行に弾みをつける。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。