ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年06月13日

凹(日本vsオーストラリア)

ここ数年で、最も悲惨な負け方だった。
川口は、確かにミスで1点取られたが、3点は確実に止めていた。結果として0−3で負けていてもおかしくない。それならそれで、実力が足りなかったと納得できる。だが、この負け方はひどい。明らかに、ジーコの采配に問題がある。ヒディンクマジックなどと言われているが、彼のやったことはマジックでもなんでもない。当たり前の采配だった。その当たり前の采配に、当たり前の采配で応じることができなかった。

1-0 で前半を終え、ハーフタイムのコメントが入って来たときに、嫌な予感がした。「リードしているチームの試合をしよう」。1点を守り切ろうというのか? じゃあ、ドイツ戦はなんだったんだ? 2点取っても、さらに点を取るサッカーを目指すんじゃなかったのか? そういう攻撃的スタイルを前提としてるからこそ、2点取り返されても納得できたのに。小野を投入し、中田を前に上げた時点で、すべてが終わった。選手交代は、メッセージだ。小野の投入によって、メッセージを受け取った選手が果たしてどれだけいたか。そもそも、そこにメッセージがあったのか。完全にマークがずれた。練習でやっていないことが本番でできるわけがない。試合終了後のコメント。「ロングボールを放り込まれたら、どうすることもできなかった」。そんなことは初めから分かっていた。だからこそ、早いプレスで起点を潰すことが必要だったんじゃないのか? 守備を固めるのであれば、なぜ稲本のような、ボール奪取力のあるMFを入れなかったのか? なぜもっと早くFWを変えて、前線からの守備をさせ、カウンターを狙わなかったのか? 「中村と中田ヒデと小野でトライアングルを作ることを期待したがうまくいかなかった」。すべては、現実から乖離した、ジーコの夢想によってぶちこわされてしまった。

なんとも納得がいかないのでまとまりの無い文章を書いてしまった。もちろんジーコがすべて悪いと言っているわけではない。選手の力が足りなかったことも確かだ。だが、自分たちの弱点を補い、長所を生かすサッカーをするための戦略が、最後の最後で、小野の投入により宙に浮いてしまったのが残念でならない。
posted by サル at 21:57| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。