ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年05月10日

ソフトバンク決算説明会

2006年3月期連結決算が発表されました。
最終損益は575億円の黒字に転換で、これは5年ぶりとのこと。前の期が598億円の赤字だったので、かなりの急回復だと思います。

発表が4時半からだったので、明日の株価に好影響を与えるかもしれません。ただし、好業績は予想通りなので、サプライズというほどではないと思います。

ところで、4時半から6時半にわたって行われた説明会の模様が、インターネットで中継されていました。映像のみをちらっと見ただけですが、かなりクリアに話をする孫社長が映し出されていました。ブラウザ上には、映像の横にスライドが表示され、(たぶん)話の内容と連動して切り替わっていました。最近はこういうふうに情報を見せる企業も増えているのかもしれませんが、実際に目にしたのは初めてだったので、「さすがソフトバンク」と素直に思ってしまいました。Macでもなんの違和感もなく見られるってところも素晴らしい。電話(フリーダイヤル)による音声聴講ってのもできたようです。

ソフトバンクのホームページにはその他のIR情報も充実していて、株主に積極的にメッセージを発信するという姿勢はとても好感が持てます。なお、上述の映像は、録画したものを今でも見られるので、是非見てみてください。
ソフトバンク決算発表説明会

2006年05月09日

む、村井・・・。

なんつーか、若さいっぱいな感じでよかったよ、今日の日本代表。
ペトロフが出るとは知らなかったので、ちょっと熱かった。
巻は相変わらず全力プレーで好感が持てる。
あんないきいきしてる玉ちゃんも久々に見た。
村井も積極的で良かったのに。悲しすぎる。
「これまで頑張って来たのに、ここで怪我かよ」という村井の声が聞こえてきそうで、
いつもはかなり客観的にサッカーを見るのに、今日は、村井に感情移入してしまった。
あと、どーでもいいけど、何故か村井を見てると、笑い飯の髪の短い方を思い出した・・・。
それはそれで悲しい。
あと、佐藤にもうちょっとチャンスをあげて欲しかったな。
スペースに走り込む佐藤に小野がスルーパス、って形はかなり強力だと思うんやけど。

あの程度のブルガリアに勝てないようでは、W杯は、奇跡を待つしかなさそうだけど、
全員が巻のようなプレーをしてくれれば、相当楽しめると思う。
posted by サル at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予想通り

株価はだいたい予想通りの動き。
でもヤフーは思いのほか下げなかった。
明日はソフトバンクの決算発表だったかな。
ここんところ他が下がればガンガン下がり他が上がってもちょっと下がるヤフーなので明日もあまり期待はできないけど、ソフトバンクの決算によっては多少は心理的にプラスかな。
買いも割と入っているので、大崩れはなさそう。
とりあえず秋頃までは我慢して持っておこっと。

2006年05月08日

あげあげ

日経平均株価は3営業日続伸。大引けは連休前の先週2日終値に比べ137円90銭(0.80%)高い1万7291円67銭。持ち株も全部上がりました。明日も上がるかな(たぶん反落)。
気になるのは円相場。1ドル=111円台まで来ました。輸出産業への影響が・・・っていうより、夏に旅行するんだけどうなるんかなー。

2006年05月07日

明日から

明日からまた株価を追っかけます。
そして明日からまた仕事します。
せつない。

2006年05月06日

ガンバ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府

今日のガンバの試合はNHKやJ SPORTSでは放送がなかったので、仕方なくBS-i でテレビ観戦。

なぜ仕方なくかというと、僕は武方直己ってアナウンサーの実況が大嫌いなのであります。そもそもただひたすら絶叫する実況は好きでないので、テレ朝の実況も好きではないし、松木安太郎の「ここは集中ですよっ」しか言わない解説も大嫌いなので、代表の試合もNHKで放送があるときはNHKを見るのだけれど、これらもまだ、ボールが渡った選手の名前を言うなどの最低限の仕事はしてくれた上で、時々、興奮のあまり度が過ぎて絶叫するくらいなので、「うざいなー」と思う程度で我慢はできる。でも、この武方直己って人は、サッカーのルールを知ってるのかどうかも怪しくて(でも神奈川県4級審判資格を持っているらしい)、はっきり言って無意味なことしか言わない。中盤でボールを回しているだけの状況でも、なぜか絶叫する。播戸と加地の区別さえつかない。代表クラスの選手も見分けられないのだから、当然、甲府の選手を知っているはずもなく、甲府が攻めている状況では、ただひたすら「こっうふっー!」と叫ぶ。うざいを通り越して、イライラする。音声を消したい衝動にかられる。甲府のチャンスだってことは、皿洗いの合間にちらっとテレビに目をやっただけのサッカーに興味ゼロの母(56歳)にでもわかる。武方直己さん、42歳にもなってこんな実況は勘弁してください。若手アナウンサーに実況の座を譲ってあげてください。でなければ、家でVTRを見ながら実況の練習してください。

で。ガンバ、勝ちました。相変わらず攻めながら点が取れない状況が続いて嫌な空気だったけれど、マグノが押し込んで先制。前半終了間際に加地が退場するも、運動量とプレスの早さで上回るガンバが終始試合のペースを握り、後半終盤に遠藤がPKを決め、試合を決定づける。10人で完封勝ちし、暫定首位に返り咲き。走ってなんぼの甲府が走らなかったら勝てるはずもないということの証明のような試合。

加地の退場のため、リードしていたこともあって播戸に替えて青木が入ったが、初先発の播戸は常にDFラインの裏を狙っていい動きをしていただけに、もう少し見たかった。残念。でもここのところ出場機会の多い青木も、安定しているので安心して見ていられる。若い選手がどんどん出てきているので、ガンバの未来は明るい気がする。あと、今日は明神復帰が大きかった。シーズン開始当初サイドバックで簡単に抜かれるシーンが多かった(気がする)ので不安だったが、今日はボランチで、かなりいい守りをしていた。今年のガンバは守備が安定しているので僅差の試合でも昨シーズンのような嫌なドキドキがない。

ACLは終わってしまったけれど、リーグ戦で2連覇は可能性がありそう。とりあえず今日でしばらくガンバのリーグ戦はお休み。W杯、遠藤は出られるかな。

NHKでは全64試合放送。僕も全64試合観戦。
posted by サル at 23:32| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

かおりん、おめでとさーん!
posted by サル at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

襟付きシャツ

4月30日、日本ハムの新庄が襟付きのアンダーシャツを着て試合をしてました。プロ野球を見なくなって久しいのですが、新庄はなにか「やらかして」くれそうな雰囲気を漂わせているので好きです。たまたまテレビをつけたら彼の姿が映っていたので、しばらく見ていました。

でも今日のニュースによると、パリーグ審判部長の前川とかいうおっさんは、「青少年に悪影響を与える」という理由で、襟付きシャツを禁止するそうです。しかもチーム全体ならそれでも良いそうです。まったく意味がわかりません。こいうことを言う人たちにとって、プロ野球の理想像っていったいどんなもんなんでしょうか? 客を楽しませて金を取るっていうプロの本質のところを理解してないんでしょうか? アマチュアリズムにおいて技術的な部分を極めれば、それがプロにつながるとでも思ってるんでしょうか? ある種、奢りのようなもんを感じてなりません。

そういえば、ガンバには昨シーズンまで松波って選手がいました。彼のトレードマークも襟でした。引退のとき彼は、「襟を立ててプレーしていた松波という男がいたことを覚えていて欲しい」と言っていました。彼が襟のために非難されたという話は聞いたことがありません。あいにく、全盛期の彼のプレイはあまり見たことがないのですが、優勝を決め、そして引退した昨シーズンの彼の姿は、ほとんど途中出場ながらも、深く印象に残っています。12月3日、最終節、川崎フロンターレ戦で、勝利を決定づける4点目の(地味ながら)きっかけとなったのは松波でした。サポーターにもみくちゃにされる松波は、やっぱり襟を立てていました。
posted by サル at 21:11| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。