ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年04月09日

知っておかなきゃやばいこと

銀行や証券会社から、頻繁にメールが届きます。いわゆるDMというやつです。こんなお得な商品いかがっすか?みたいなメール。

メール中のリンクをクリックして広告を見てみると、年利6%なんて書いてあって、お、高金利!と思ったらその下に小さく3ヶ月ものって書いてある(実質1.5%ってこと)。

外貨預金の場合なら、為替手数料優遇!の下に、円資金からのお預入れのみ。引き出し時は通常の手数料と書いてあったりします。

こういうのはまだ分かりやすいほうで、いろいろな商品を組み合わせてセットにし、今ならセットがお得なんていいながら手数料が異常に高いってのもある。

それから、リスク限定をうたいながら、得になるより損になる可能性が高い商品とか。

このような、いわゆるぼったくり商品が巷にはあふれています。超有名なメガバンクでさえ、堂々とそういうぼったくり商品を宣伝しているのです。結局、そういうものに引っかからないようにするには、消費者側が賢くならないといけないわけで、誰も買わなくなれば、良い商品だけが生き残ることになるはず。金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレかは、そういう観点で、80個近い具体的な架空の金融商品広告を挙げ、どこを読めばぼったくりに気づくことができるかを教えてくれます。これをさらっと読むだけで、少なくとも警戒心を持って広告を見ることができるようになるでしょう。



銀行のカモにならないために、ある程度の知識を身につけておくべきです。このブログを読む人は、投資をしている人やしようとしている人がほとんどだと思いますが、そういう人はたいてい、自分は常識的だとか、普通預金にお金をおいておくことが非効率だということを強く意識している人だと思います。ですが、そういう人こそ、実は金融機関のカモになる可能性も高いのです。本書は、銀行が常識人とカモとをどうやって区別するかを教えてくれます。

金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか

オール株式情報ランキング
人気ビジネスBLOG
くつろぐ
人気blogランキング
株・投資 ランキング
posted by サル at 14:06| Comment(2) | TrackBack(1) | その他の参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。