ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年04月30日

ガンバ2敗目

新潟にやられました。 今日は打っても打ってもキーパー真正面。 連戦の疲れもあるんでしょう。後半は責めきれんかった。 もうちょっと早いタイミングで選手を替えても良かったと思う。 なにわのゴンこと中山悟志、久々にテレビで見た。 もうちょっと見たかったな。 ところでミキティ(三木良太)はどこいった? なんか流れが悪いけど、ここは気持ちを切り替えて、 3日のACL全北現代は気持ちよく勝って欲しい。 せめて最終節まで望みをつなごう。
posted by サル at 17:57| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新会社法

明日1日、新会社法が施行されます。

有限会社が廃止となり株式会社に統一されたり、最低資本金制度が撤廃されたりします。

また、LLP(有限責任事業組合)」と「LLC(合同会社)」が新設されます。(これらについてはいつか機会があれば書きます)。

あと、これまで年二回とされていた配当の制限がなくなり、四半期配当が可能になります。そのため、安定株主の獲得を狙う企業が、相次いで四半期配当の導入準備を始めているそうです。HOYAが二〇〇七年三月期から実施する方針を固めたほか、ライオンも既に定款を変更しています。野村HDや日興コーディアルも四半期配当の導入を決めています。

参照:新会社法全条文―新旧両条文を完全併載
携帯からはこちら:新会社法全条文―新旧両条文を完全併載

2006年04月29日

TOB

最近よく出てくるので知っているような気になっているけど、ちゃんと説明できなさそうなのでここで整理。

TOB (Take-Over Bid) は、日本語では株式公開買付と言います。不特定多数の株主に対して、取引所を通さずに、新聞などで株式買い付けを公告して、応募者を募ります。これにより、市場時価にプレミアムをつけた値段で、一度に大量の株式を買い集めることができます。

阪神と阪急の経営統合に際して、阪急ホールディングスが阪神株を取得するために行うのもTOBです。阪神株の約46%を村上ファンドが所有しており、村上ファンドと価格交渉を行うことになります。

ところで、グリーンメールという言葉も最近よく聞くようになりました。グリーンメールとは、市場などで株式を買い集めた者が、その株を高値で買い取ることを会社側に要求することを言います。英語で恐喝を意味する「ブラックメール(blackmail)」にドル札の緑色をかけた言葉だそうです。株主として経営に参画するのではなく、株を売りつけて利益を得るだけの「乗っ取り屋」と言うことができます。

村上ファンドがやろうとしていることも、阪神株の買い取りを阪急HDの求めているわけで、やや形は違いますが、それによって利益を得ようとする行為はグリーンメールのように見えます。でも、村上ファンドは、阪神に対して取締役の刷新を求める株主提案をしているらしく、そう話は単純ではないようです。

村上ファンド側と阪急HD側の示す価格には大きな溝があるようで、今後どのように進展するかは依然として見えてきません。

参考:MBAバリュエーション

posted by サル at 18:51| Comment(0) | TrackBack(3) | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EBITDA

「イービットディーエー」または「イビットダー」と読みます。
Earnings Before Interest, Tax, Depreciation and Amortizationの略。
日本語で言えば、「利払い前・税引き前・減価償却前・その他償却前利利益」。
財務構成(借入金や余剰資産がどのくらいか)に関わらず、企業が事業活動によってどれだけのキャッシュを生み出しているかを示す数字で、企業価値算定において最も重要とされています。
損益計算書上で考えるなら、営業利益に減価償却を足し戻したものとなります。

固定資産は、時間の経過とともに価値を失います。したがって、資産価値を適切に評価するためには、減少した価値を損失として差し引いていかなければなりません。このように、価値の減少分を決算期ごとに費用計上したものが減価償却費です。つまり、これによって実際にキャッシュが出て行くわけではありません。そこで、この減価償却分を営業利益に足し戻してやることによって、企業がどれだけのキャッシュを生み出しているか(=キャッシュ算出力)が明確になります。そのため、EBITDAを、事業本来の価値の基準値とする考え方が、現在、広く支持されています。

参考:MBAバリュエーション

posted by サル at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

阪神、阪急、REIT

阪神と阪急の経営統合が現実のものとなりそうです。
そこで気になるのが阪急リート投資法人。
こんな記事がYOMIURI ONLINEに載ってました。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20060421mh08.htm

リッツカールトンが入ってるハービスOSAKAと、その隣りのハービスENT。こいつらの年間の家賃収入は計約150億円って話です。これを阪急リートにぶち込む話があるとかないとか。そういやAERAにもこの話が載ってるみたいですね。このブログの用語集のREITのとこにも書いてますが、家賃収入などを配当にして投資家を得るのがREITなわけで、これによって2600億〜2700億円の資金調達が可能になるとか。これってすっげー規模ですよ。現時点で、H17年11月30日時点で、資産総額が525億とかそんなもんらしいし。

↓阪急リート投資法人の決算説明会資料
http://www.hankyu-reit.jp/invest/pdf/setsumei_060127.pdf

この資料、写真つきでかなり見やすい。しかし、こんなもん見ておもろいと思うようになるとは。サルも成長したもんです。この二ヶ月でなにげに15冊くらい本読んでるし。

2006年04月27日

ほりえもん保釈

痩せたねー。
8キロ減量だって?

サッカー中毒

昨日のガンバ敗戦がまだ尾を引いております。
こうしてコアなファンになっていくんでしょうな。

すべてのスケジュールは試合日程次第。ひいきのチームのことを考えすぎて鬱を発症し、人生設計はぐちゃぐちゃ。

いや、僕のことじゃないですよ。でも実際、そんな人もいるわけで。
最近、そんな人の気持ちが、ちょっとだけ分かるような気がします。

映画になった「アバウト・ア・ボーイ」の原作者として有名なニック・ホーンビィ(Nick Hornby)がぼくのプレミア・ライフという本を書いています。アーセナルの熱狂的ファンである彼の半自伝的小説で、フットボールに占拠されてしまった彼の日常が、かなりディープに描かれています。知らない選手の名前がいっぱいでてきますが、結構おもしろいですよ。

何事もほどほどに、とは思いますが、本当の楽しみは全人生をかけるくらいの勢いでどっぷりはまってやらないと、分からないのかもしれませんね。
posted by サル at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

ガンバ、負けた

アウェイで大連実徳に0-2で破れ、自力突破がなくなりました。
ちなみに全北現代はアウェイでダナンに1-0で勝った模様。
・・・くぅ。
でも、まだ完全に希望がなくなったわけではないぞ。5月3日、全北現代戦、万博で応援してきます。
posted by サル at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼったくり関連

先日こんな記事を書いているので、こういう記事↓が気になりました。無理やり購入させるってことは、それによって銀行が儲かるってことやんね?

三井住友銀に業務停止命令・金融庁検討、週内にも(NIKKEI NETより)

 金融庁は26日、三井住友銀行が融資先の企業に「金利スワップ」と呼ばれる金融派生商品の購入を強制していたとして、同行に対して週内にも一部業務の停止命令を出す方向で調整に入った。この問題をめぐっては公正取引委員会が独占禁止法違反(不公正な取引方法)に当たるとして排除勧告を出していた。銀行が独禁法違反行為で業務停止命令を受ける初めてのケースになる。

 業務停止命令の対象は特定の金融派生商品など一部金融商品の新規販売。法令違反行為の再発を防ぐため、金融庁は三井住友銀に対して内部管理の徹底を求める業務改善命令も発動する方針だ。

 三井住友銀は2001年以降、融資先の中小企業に対して、融資関連手続きのなかで金利スワップを購入するよう提案した。購入が融資の条件であることや、購入しなければ融資などの面で不利な取り扱いをすることなどを示唆、融資の可否を判断できる優越的な立場を乱用して中小企業に同商品の購入を事実上迫っていたとされる。

ソフトバンク携帯

FACTAオンラインによると、孫さんが、密かにアップルのスティーブ・ジョブズに会ったらしい。「iPod携帯」登場か?というような記事を書いていますが、真相はいかに。少なくとも、それなりのインパクトのあるサービスが出てくることは間違いないですが、それがどの程度のものなのか。楽しみに待ちたいと思います。

FACTAオンラインの記事

また、NIKKEI NETでは、「ソフトバンク、新戦略へ着々」と題して、好意的な記事を書いています。「早期に新しいサービスの内容や価格体系も具体化させる考えで、ソフトバンクグループの総力を挙げた携帯事業が動き出す。」などのコメントを見ると、すこしわくわくします。

NIKKEI NETの記事

2006年04月25日

ボーダフォンTOB

予定通りですが、ソフトバンクによる英ボーダフォン日本法人TOBが成立しました(NIKKEI NETより)。

 ソフトバンクは25日、傘下のBBモバイル(東京・港)を通じて実施した、英ボーダフォン日本法人に対する株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。24日までに買い付け予定株式数を上回る529万9814株の応募があった。全部を買い付け、議決権の97.64%を握る。買い付けに必要な1兆6600億円強の資金は、ドイツ銀行東京支店など7社を共同主幹事とした協調融資などで手当てする。

ついでにこれも予想通りですが、ヤフーが上げました。+ 3,300。ここまで上がるとは思ってなかったけど。明日また下がるんでしょう。でも下げる理由は今後の不透明感くらいなわけで。気長にHOLD。

2006年04月24日

いやー下がった。

今日は下がったねえ。
今年最大の下げっていうじゃないですか。
たまたま24日にインデックスファンドの定額買いしてるから
たくさん買えそうでラッキー。
でもヤフー下がり過ぎでもうけがすべてふっとび飛びそうやわ。
ドイツ証券の目標価格に来ちゃったので、ここらが底じゃないっすかね。
ここで仕込めば稼げるよ。

2006年04月23日

資本主義の本質

ソフトバンクがLBOによってボーダフォンを約1兆7600億円で買収するというニュースは、史上最大規模の買収ということで大きなインパクトがありました。ライブドアがM&Aを繰り返して拡大を続け、フジテレビにも触手を伸ばしたときには、「敵対的買収」という言葉がメディアを騒がせました。このように国内外で頻繁に目にするようになったM&Aは、もはや珍しい事ではなく、企業戦略の一つとして広く受け入れられつつあるように思います。けれども、「約1兆7600億円」などという企業の価格がいったいどのように決められるのかという点については、個人投資家は、自分にはわかるはずもないことと敬遠してしまいがちです。プロにしか分からない聖域というわけです。しかし、投資をする上で、ある企業が本当に投資に値するかどうかを考えるとき、その企業の価値を知ることは不可欠だと思います。MBAバリュエーションは、企業価値の算定方法を非常にシンプルに教えてくれる良書です。



この本の良いところは、まず基礎となる「考え方」を理解するところから始めよう、というスタンスで書かれていることです。企業価値を測るためのツール(=考え方)を身につければ、そこから先は意外と単純な発想で算定されていることがわかります。著者は、このツールがMBA取得者たちの間の「経営の共通言語」となっているため、これを手にすることで、彼らと同じ土俵に立って考えることが可能になるとしています。本書の77ページまでには、このツール(=考え方)について、教科書的ではない、非常に分かりやすい文章で説明しており、ここを読むだけでも得られるものは多いはずです。

資本主義の本質を知る→MBAバリュエーション

posted by サル at 14:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 企業価値を判断する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

ガンバ首位!

レッズが負けてガンバが首位に! 清水、よく守った!
posted by サル at 21:02| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マグノアウベス

マグノアウベスの1点を守りきって、6連勝。
マグノは早くも得点数を二桁に。
「ここを勝ちきれるのは今の強さ」とは西野監督のコメント。
昨シーズンは初めは引き分けばっかりやったけど、今シーズンはちゃんと勝ち点3取ってるね。着実に進化してる気がします。
posted by サル at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

東証取引正常化

ライブドアショックにより30分短縮されていた取引時間が、24日から正常化します。3ヶ月ぶり。(以下、「フジサンケイ ビジネスアイ」より)

東京証券取引所は二十日、ライブドアへの強制捜査直後の株式売買の急増を受けて一月十九日からシステム処理負担を軽減するため、午後の取引時間を三十分短縮している措置を二十四日に解除すると発表した。これにより、東京株式市場は約三カ月ぶりに正常な取引に戻る。

 ただし、一日の取引件数がシステム処理の限界に近い一定量に達した場合には、事前に告知したうえで取引を全面制限する「売買停止の危機管理措置は継続する」(深山浩永執行役員)とした。

 ライブドアショックによる個人投資家の狼狽(ろうばい)売りなどで、一時はほぼ東証の処理能力の上限に近い四百万件にまで膨れあがった株式売買の成立件数(約定件数)は、投資家の動揺が収まるとともに減少。二月以降は多い日でも三百万件程度で、二十日は約二百四十万件で取引を終えた。

 取引時間制限に追い込まれて以降、東証は約定処理システムを開発中だった新システムに切り替え、処理能力を四百五十万件から五百万件に増強。さらに、五月の大型連休明けには七百万件対応を整える計画で、すでにこれに向けた装置の追加で現在は五百五十万件までの対応を可能としている。

 処理能力に余裕ができたことに加え、注視していた「ライブドアの上場廃止後の個人投資家の動向も取引に影響がない」(同)ことが確認できたため、午後の取引開始時間を通常の午後〇時半に戻せると判断した。

 ただ、取引時間は正常化するとはいえ、株式市場への個人投資家の流入は依然拡大しており、ライブドアショックのような不測の事態で、再びシステム処理能力以上の取引急増が襲いかかる潜在的なリスクは変わっていない。

2006年04月20日

ヤフー、決算

ヤフー、ほぼ予想通りの好業績。でも今日は株価が下がりました。高値で寄り付いたかと思ったら、どんどん下がってマイナスに。寄り天ってやつです。好業績も織り込み済みなので、明日も大して上がらないのかな。でも個人投資家の多い銘柄なので、どうなるかまったくわかりません。

NIKKEI NET より

ヤフー、前期純利益29%増の470億円

 ヤフーは20日、2006年3月期連結決算を発表した。最終的なもうけを示す純利益は470億円と前の期に比べ29%増え、過去最高を更新。景気回復を映しインターネットを活用した人材仲介が好調なほかネット広告も伸び、人件費などの増加を吸収した。

 売上高は47%増の1736億円、営業利益は36%増の821億円。屋台骨のネット広告収入は76%増え684億円だった。好採算の検索連動型広告が伸びた。探したい言葉を入力すると検索結果に関連して広告が表示される仕組み。「ネットならではの広告の使い方ができることが、大企業に広く認知され始めた」(井上雅博社長)という。

 中途採用が増え、リクルートと共同で始めたネット上の人材仲介が拡大。人材情報や不動産情報などを扱うリスティング部門の売上高営業利益率は06年1―3月期に76%まで上昇。仮想商店街も店舗や品ぞろえを増やした効果が出て採算が急速に改善、非対称デジタル加入者線(ADSL)の販促費などの増加をこなした。

マクドナルド値上げ

先日、マクドナルドに関する話を取り上げたこともあって、マクドナルドが一部メニューを値上げするという記事に目が留まりました(フジサンケイ ビジネスアイ)。ただし100円メニューは続けるそうです。そのほか24時間営業店の拡充し、新メニュー「サラダマック」を発売予定。価格帯と時間帯を拡大することによって新たな顧客を獲得し、低迷している客単価を引き上げたいというのが狙い。個人的にはコーヒーの味をもうちょっとまともにしてくれたら嬉しいんだけど。でもそうすると、コーヒーだけ飲みにくる客が増えるからダメなのか?

えびちゃんのえびフィレオは大成功だったようですが、サラダマックはどうでしょうね。

2006年04月19日

かにゴールキーパー

かにがゴールキーパーだなんて。
藤岡弘や竹中直人が出てるなんて。
そして特別出演、モリシ(森島寛晃 セレッソ大阪)。
熱い。熱すぎる。
http://www.kani-gk.com/
posted by サル at 11:43| Comment(4) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

やればできるひと

↓これよんで、いろいろ考えた。

『大人にとっては、「やればできる人」になんて、何の価値もない。問題は「やる人」か「やらない人」か、あるいは、「できる人」か「できない人」か、ただ、それだけのこと。』

『「才能」になんて、何の価値もない。評価の対象になるのは、ただ「作品」だけなのだ。』

琥珀色の戯言(「才能」の墓場から) http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20060413/p1

posted by サル at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。