ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年03月04日

続落(3/3)

日経平均は246円42銭安の1万5663円34銭。
ヤフーは前日比-1000円で、136000円。
なにげにヤフー買い増して、手数料込みの取得価格は137,414円×8株。
含み損は11312 円。

しばらくは様子見でこんな感じだろうなー。がまんがまん。
でもまた下がったら2株まで買い増す予定。
株には50万って言ってたの誰だ?



2006年03月03日

CPI

本日総務省により発表された今年1月の全国の消費者物価指数(CPI)は97.7。前年同月比0.5%の上昇です。上昇は3カ月連続で、デフレ脱却の兆しとみられており、量的緩和の解除もそろそろかと思われます。これを受けて、日経平均の前場終値は前日比136円28銭安の1万5773円48銭。

ただし政府高官が「3月解除は早い」と慎重な見方をしています。8、9日に開かれる金融政策決定会合で解除が決定されることはないということでしょうか。


2006年03月02日

ドルコスト平均法

以下、以前掲載した記事の転載です。

今回、投資信託に関して、高いときに五十万分全部買ってしまったら悲しいから何回かに分けて買おう、ということにしましたが、こういう投資方法を「ドルコスト平均法」と呼ぶそうです。毎月一定額ずつ継続して買うことで、高いときには買い付け数量(口数)が減り、安いときには増えるので、長期で平均して考えれば、購入コストが下げられるという効果があるそうです。でも、安い値段で大量に買えれば、それに越したことはないわけで。別にドルコスト平均法が万能だというわけではないような気がします。よーするに、僕のような素人がなーんも考えずに長期投資するのであれば、ドルコスト平均法を使えば、つまり毎月一定額の積み立てをやっていけば(時間的分散)、リスクの軽減が図れますよ、ということのようです。ちなみに、よく聞くナンピン(難平)って言葉も同じ事を指してるみたいですね。


posted by サル at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日のヤフー

ヤフー 取得価格138,000円×5株 今日の終値 137,000円
含み損は5,840円に縮小。がんばれ。
日経平均は前日比54円70銭(0.34%)安の1万5909円76銭でした。もっとがんばれ。
あす3日は1月の全国消費者物価指数(CPI)の発表がありますな。注目。


仕手株

市場には仕手株(してかぶ)と呼ばれるものが存在するらしい。特定の投資家(または投資グループ)によって株価操作のターゲットとされた株のことだそうだ。こうした投資家(グループ)を仕手筋(してすじ)と呼ぶ。

仕手筋は、株価を急上昇させたところで売り払い、利ざやを得る。特に材料もないのにグングン上がっているような銘柄は怪しいらしい。

一般投資家の中にも、こうした仕手株を見つけ出して利益を得ようとする人がいるらしい。

僕にはそんな株に手を出す勇気はないですが。


posted by サル at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

IPO

以下、以前書いた記事の部分転載です。用語集にも入れておこうってことで。

IPOとは「Initial Public Offering」の略で、新規公開株のこと。ブックビルとは、専門家によって決められた公開価格の範囲の中で投資家が希望購入価格を提示して申し込む、という方式のこと。 IPOの一番の魅力は、公開価格がたいてい割安に設定されるために、上場直後にかなりの確率で株価が上がることにあります。そのため、IPOに当選する確率は非常に低く、E*トレード証券では、外れるとIPOチャレンジポイントが貯まって、それを使うと当選確率が上がる、というサービスを行っています。 それだけ人気があるので、公開価格の範囲の最高値を指定しないとまず当選しません。でも、申し込むのに手数料は必要ないし、当たっても購入権が得られるだけで、やっぱいーらないっ、と言うこともできます。


posted by サル at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術を読みました。原題の「The Buffettology Workbook」が示すとおり、バフェットがどのような銘柄を好み、どのような基準で銘柄を選んだかを学ぶワークブック形式になっており、設問に答えていくうちに、自然にバフェット的手法が身に付くように構成されています。ただし、現時点でそのような基準を満たす銘柄が実際にあるかどうかは別問題。バフェットに手法を参考に、自分なりに基準を打ち立てる必要がありそうです。
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術


posted by サル at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業価値を判断する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

-4000

ヤフー 取得価格138,000円×5株 今日の終値 134,000円
含み損は20,840円なり。がびーん。

米google株急落の影響で米株式市場の主要株下落。
その影響があるんですかな?
日経平均は1万5964円46銭、前日比240円97銭安でした。
ま、じきに回復してくれることでしょう…。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。