ランキング参加中!!


くつろぐ  人気blogランキング  株・投資 ランキング
  人気ビジネスBLOG



サイト内検索ができるようになりました。
Google
 
Web myinvestment.seesaa.net


2006年02月20日

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さんを読みました。正直なところ、こういう売れまくった本はあまり好きではないのですが、食わず嫌いは良くないと思いネットで購入。届いた本は意外と分厚かった(もっとぺらぺらの本を想像してた)。で、読んでみると、そうそうオレもそう思ってたんだよー、と言うことが書いてある。つまり、学校でいろんな勉強をして、いい大学に入っていい会社に入れば、お金持ちになれるか、というとそんなことは全然なくて、学校では教えてくれない「お金についての知識」=(ファイナンシャル・リテラシー)を身につけることが、とても大切だという話。要点は以下の通り。

金持ちは不労所得(株式配当、預金の利子など)で生活できる。学歴を積んで一流企業に入社しても、給料を当てにしなくては行きていけず、そこから永遠に抜けられない(ラットレースに巻き込まれる)。自分なしでもお金が入る仕組みを作り出す(起業する)か、資産運用するのことがラットレースから抜け出す道。

具体的にどうしたら良いかというようなことは書いてないけれど、ファイナンシャル・リテラシーの重要性を、はっきりと意識させてくれたという意味で、読んでよかったな、と思いました。
金持ち父さん貧乏父さん


posted by サル at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株価の見方/テクニカル分析入門

まずは、株とはなんぞや? ということで株価の見方という本を読みました。「株価はどうやって生まれるか」というところから始まって、株価を動かす「材料」についてや、外国人投資家や個人投資家の台頭による投資環境の変化、さらには経済指標の読み方や株価予測の手法について、浅く広くではあるけれど、分かりやすく書かれています。タイトルの通り、株価の見方を一通り押さえるための準備運動といったところ。初心者にもってこいです。この本の最後にはチャートの見方なんかも載ってます。ロウソク足って、こんなふうに使うんだー。と軽く納得したところで、次の本。

テクニカル分析入門―株の売り時、買い時を知るってのを読みました。この本は、ローソク足の読み方のほか、移動平均、ボリンジャーバンドなど、テクニカル分析の手法を20あまり解説しています。株はファンダメンタルズ分析で投資対象を絞り、テクニカル分析で、売買のタイミングをつかむもの。というわけで、テクニカルも一通り押さえておいて損はなさそうです。
とりあえず、この二冊で「知ったかぶり」はできそうですな。
株価の見方
テクニカル分析入門―株の売り時、買い時を知る


posted by サル at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | チャートを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害

ディスク障害とやらで、しばらくブログが表示されない状態になっていました。もうそういうことがないことを祈るばかり。とりあえずデータが消えなくてよかった。 
  
posted by サル at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。